コスト削減に効果的なワークフロー|給与計算代行で事務負担軽減

事務業を負担なく行なえる

ネットワーク

事務作業を行なう人にとって負担となるのが、勤怠管理による業務です。時給制で社員に仕事を行なわせている会社であれば、勤務状況によって支払う給与額が変わるので、この勤怠管理は重要な業務となります。未だに紙を使用するタイムカードで打刻を行なう会社ですと、社員一人一人のタイムカードの数値を確認しながら業務を行なわなければなりません。いちいちカードを確認しながらパソコンに打ち込み、計算を出すこととなるので、作業を終えるのに長い時間が掛かります。手作業で計算と記録を行なうので、入力ミスによって社員へ支払う費用を間違うことも多くあります。社員側も出勤した日数と給与額が合っているか調べなければならないため、この方法では非効率的だと考える人も多いでしょう。そこで導入したいのが、クラウドシステムを活用した勤怠管理システムです。社員が打刻した場合、すぐにコンピューターへデータが記録されるので、いちいちタイムカードを確認せずに済みます。また、社員一人一人の勤務時間からコンピューターで自動的に給与計算ができるので、計算間違いもなく正確に給与を算出できるのです。

クラウドシステムを活用する利点として、距離の離れた営業所での勤怠管理も可能となるということが挙げられます。クラウドシステムでは、ネットを利用してリアルタイムでのやりとりが可能となります。本社の事務員が別の地域にある営業所の勤怠管理を行なうことはできないので、営業所ごとに事務を行なう社員を雇う必要があります。しかし、クラウド型の勤怠管理システムであれば、離れた営業所での勤怠管理も問題なく行なえます。全営業所の勤怠管理を簡単にできるので、事務を行なう社員を多く雇わずに済むでしょう。海外に工場を建てた会社でもこの勤怠管理システムは活用できるので、導入することで大幅なコストカットができます。